陰キャ・オタク・経験なしの非モテが50人以上の女性を口説いたノウハウを公開中!

彼女がラインに夢中になる話題とは?マンネリ化解消のたった一つの方法

彼氏

「彼女とのLINE(ライン)が続かない」

「いつも話題が尽きてしまう」

「彼女の返事が短文で会話に困ってしまう…」

そんな悩みを持っている彼氏は多いはず。

普段会って話すときには気にならないのに、LINEになると会話が弾まないと感じている人は、実は少なくありません。

LINEの会話が続かないからというだけで、二人の関係がギクシャクしてしまうのは避けたいですよね。

でも、会話にちょっとした工夫をするだけで、

普段会っているときには見ることの出来なかった、彼女の本心に触れることが出来るということを、ご存じでしたか?

そこで今回は、

  • LINEの話題の上手な見つけ方
  • もっと話したいと思わせる会話の終わらせ方
  • LINEのマンネリ化を防ぐ意外な方法

などをお伝えしていきます!

 

この記事を書いてる水嶋タカシって?
(@tak_mizushima)

  • 幼少期の病気をきっかけに心理学に興味をもつ。
  • 大学でも心理学を専攻、上場企業に就職するも、職場やSNSでは人間関係にまつわる相談をよく受ける。
  • 読書量は年間200冊ほど。
  • 現在の妻とは、海外との遠距離恋愛を経て結婚。

 


彼女とのLINE(ライン)の意外な見つけ方とは

普段のLINEの話題がない…

 

彼女とLINEはしたいのに、話題づくりに困ってしまう…そんな悩みを、彼氏なら一度は持つと思います。

デートに行く前や、行った後、または学校や会社で共通の出来事を経験したときは、LINEが続くんですよね。

でも、普段のなんでもない日はこれといったLINEの話題がない…だけど連絡は取りたい…

実は、デートやイベントがない日でも使える、意外な話題の見つけ方があるんです。それは…

 

相手の興味に興味をもつ

 

彼女の好きなもの、彼女の趣味、彼女が大切にしているものなど…

ズバリ「彼女の興味そのもの」を話題にするんです。

どういうこと?って思いますよね?例えば…

「〇〇ってぬいぐるみが好きだよね。じゃあUFOキャッチャーも得意だったりするの?」

これは普段の彼女との会話や持ち物などから、彼女がぬいぐるみに興味があるということをあらかじめリサーチしておきます。

そして、ぬいぐるみ=ゲームセンターで取れるという話題を見つけたことで、
彼女の新しい興味や関心に話をフォーカスしていくのです。

そこでUFOキャッチャーも好きということが分かれば、

「今度ゲームセンターに行ってみようか!」

と話が進みます。(あとでこっそりUFOキャッチャーの練習もしなきゃ…という課題も見つかりましたね(笑))

映画好きな彼女なら

「洋画でおすすめの映画ってある?」

カフェ巡りが好きな彼女なら

はやりのカフェ特集がテレビでやってたよ!最近のカフェっていろんなメニューがあるんだねえ」

といったように話題がふくらみます。

 

『共感』が話題を生む

 

人は誰でも、自分の関心事や大切にしていることに共感してもらえると、うれしくなります。

「きみはこれが好きなんだよね、分かってるよ」というメッセージを彼女に発信することで、
「この人にはもっと私のことを知ってもらいたい」と自然と彼女も自分の心をオープンにしていきます。

するとまた新しい彼女の一面を知ることが出来て、結果として次の話題につながっていきます。

これなら彼女自身が話題のタネになっているので、会話が尽きることはないですよね!

彼女も自分自身が話題の中心になっているので、あなたとLINEをする時間がとても楽しく感じるはず!

 


 

彼女のLINE(ライン)が受け身や短文で終わる理由とは?

彼氏が自分の話しかしない

 

人は、自分の興味に共感してもらうとうれしいことは、先ほどお話ししました。

では反対に、楽しくない話題とはなんでしょうか?

もう分かりますよね。それは、「自分のことしか話さない人の話題」です。

たとえば、こんなLINEの会話をしていないでしょうか?

 

彼氏

今日部長が平気な顔して遅刻してきた(笑)

彼女

へー、そうなんだ!

彼氏

みんなには時間に厳しいくせに、自分が遅刻したときは開き直り(笑)

彼女

いるよね、そういう上司(笑)

彼氏

そうそう、この前だって自分が頼んだ仕事なのにさあ…

彼女

うんうん

彼氏

ほんと〇〇だよなあ、あ、俺新しい腕時計買おうと思っててさ!

彼女

うん

彼氏

同僚が持っててめっちゃかっこよくてー(以下略)

彼女

 

ちょっと大げさに書きましたが、彼女の返事のテンションが徐々に下がっているのが分かりますよね。

今日あった出来事を報告したい、その気持ちは誰にでもあります。

それ自体は悪くありません。

しかし、その場にいなかった彼女に、彼氏が感じた面白さをLINEだけで共有するのは難しいのです。

結果として、彼氏が話したい事だけを話し、彼女はそれを聞くだけになってしまう…

これが彼女の返事が短文や受け身で終わってしまう、ありがちな理由の一つです。

 

彼氏

心当たりあるかも…

 

オープンクエスチョンで彼女を巻き込む

 

彼女が話題に共感を覚えてくれないと、LINE(ライン)の会話も続きにくいことは分かりました。

でも彼氏だって、自分の話題を話したいときありますよね?

実は自分の話題を話しつつ、彼女にも共感してもらう方法があります。それは…

 

「オープンクエスチョンで彼女を話題に巻き込む」という方法です。

オープンクエスチョン?

なんだか聞き慣れない言葉ですよね。

オープンクエスチョンとは、

「YESかNOではなく、自由回答を求める質問の仕方」を言います。

たとえば

「バナナ好き?」

と聞かれた相手はYESかNOでしか答えることが出来ません。

しかし、

「好きな果物は?」

と聞かれたらいろいろな回答が出来ますよね?

 

なるほど!

 

このように、相手が自由に発言できる質問を、自分の話題に盛り込むのです。

先ほどの会話の例で試してみましょう。

 

彼氏

あ、俺新しい時計買おうと思っててさ!

彼女

うん

彼氏

同僚がめっちゃかっこいいの持ってて。

彼氏

〇〇(彼女)ちゃんは最近周りの人が持ってて、自分も欲しくなっちゃったものとかある?

彼女

え、私?そういえばこの前友達のミカが新しい…(以下略)

 

どうですか?

彼氏が話したかった話題からスタートしても、最後にはちゃんと彼女が話題に参加出来てますよね。

このようにオープンクエスチョンで彼女を会話に巻き込んでいく意識を忘れなければ、
彼女も自然と返事が長くなると思いますよ!

 


 

LINE(ライン)だからこそ出来る!彼女とのLINE(ライン)のマンネリ化を解消する、たった一つの意外な方法とは?

 

これまで、彼女とのLINEの話題の見つけ方や、彼女のLINEの返事が短い理由をお話ししてきました。

ここでは、LINEの会話がマンネリ化してきたと感じるカップルに、おすすめの解消法を紹介します。

その意外な方法とは…

 

付き合って間もない頃の写メを用意する

 

長く付き合っているカップルほど、LINEの会話がマンネリ化しがちですよね。

ふたりの関係が安定している証でもありますが、いつもと違う話の流れに持っていきたい場合は、
ふたりが付き合って間もない頃の写メを用意してください。

付き合いたてでなくても、古い日付のものならOKなので、スマホの写真フォルダからなるべく昔の写メを選んでください。

 

そして、写メを送信するときに、このメッセージを添えて下さい。それは…

 

「これ懐かしくない?」がキーワード

 

「見てー!写真フォルダ漁ってたら、こんな写真出てきたー!

(黄)これ、懐かしくない?

 

です。

細かい言い回しは変えてもらってかまいませんので、「これ懐かしくない?」というキーワードを盛り込んでください。

女性は、過去と現在と未来を関連付けて考える傾向にあります。

つまり、過去の懐かしい写メを見ることで、昔の楽しかった感情が思い出され、
「昔楽しかったのだから、今も楽しい。そしてこれからも楽しいはずだ」と結論付けるのです。

こう思ってくれたら、しめたもの。

あらためて、あなたとの関係が良いものだと認識した彼女とのLINEは、

出会った頃のような、キラキラして初々しい会話になるはずですよ♪

 


 

もっと話したい!と思わせるLINE(ライン)の終わり方

 

少しだけ、私の話をしますね。

 

私には以前、海外留学のために一年ほどオーストラリアに行った彼女がいました。

オーストラリアと日本の時差は一時間なので、連絡を取る時間帯には困りませんでしたが、
連絡手段のメインがLINEに限られてしまったのは、やはり寂しいものを感じました。

 

「会えない分、コミュニケーションの取り方に工夫をしなくては」
と考えた私は、
LINEの送り方をこれまでとは少し変えて彼女を楽しませるLINEを心掛けました。

 

オーストラリアから帰国後、今の私の奥さんとなった彼女ですが、

「あの時あんなにLINEにワクワクしなかったら、自然消滅してたかもね(笑)」

なんて冗談交じりによく言われます(笑)

 

事実、遠距離恋愛は直接会えないというハンディキャップを乗り越えなければ、
待っているのは別れでしょうから、あながち彼女の感じていたことは間違いじゃないと思います。

 

彼女の心を焦らす、ツァイガルニク効果

 

では、どのようにして彼女をLINEでワクワクさせたか。

私がLINEをするときに意識したもの、それは「ツァイガルニク効果」というものです。

 

ツァイガルニク効果とは、
「人は未完成なものや、続きがまだあるものに対して意識が残りやすいという現象」のことをいいます。

アニメやドラマでは、必ず最後に次回予告が入りますよね?あれもこの現象を利用して、
視聴者に続きが気になるように仕向けているのです。

 

盛り上がってきたところで話を中断する

 

これをLINEに応用するなら例えば、
夜にLINEをしていたとしたら、ふたりの会話が盛り上がり、彼女がもっと話したいと思っているところで、

 

「今日はもう遅いから、続きは明日また話そうね!おやすみ!」

 

とLINEを終了するのです。

 

会話の続きが気になる彼女は、明日もあなたと話したいという思いを残したまま、眠ることになるでしょう。

ポイントは「もっと話したい!」と思っているところでがまんしてLINEを終わることです。

これを適度にすることで、彼女をあなたのLINEの虜にしてしまいましょう。

やりすぎて彼女が眠れなくなってしまうのもかわいそうなので、ほどほどに…

 

未読無視、既読無視を適度に使う

 

一般的には良い印象を持たれない、未読無視、既読無視ですが、相手の興味を長続きさせるという効果はバツグンです。

彼女から来たLINEの返事を、未読無視や既読無視を使って、しばらく保留にしてください。

あなたからLINEの返事が来るまで、彼女の中では会話が完結しません。

はやく返事が来てほしい」と思う心理を焦らすのです。

焦らされたあとに来る、あなたからのLINEの通知音が鳴った時、彼女の喜びは何倍にも大きくなるはず。

もちろん、これもやりすぎ注意です。

彼女にLINEを楽しんでもらうことが最大の目的だということをお忘れなく…

 


 

まとめ

 

今回は

「彼女がラインに夢中になる話題とは?マンネリ化解消のたった一つの方法」

についてお話ししてきました。

まとめると、

 

MEMO

・相手の興味に興味を持つ

・『共感』が話題を生む

・オープンクエスチョンで彼女を巻き込む

・「これ懐かしくない?」がキーワード

・盛り上がってきたところで話を中断する

・未読無視、既読無視を適度に使う

 

でした。

LINE(ライン)は相手の顔が見えない分、直接会って話す会話と比べるとハンデもありますが、
話題の見つけ方や話の進め方をちょっと工夫するだけで、
「面と向かっては言えない本音が聞けるツール」にもなり得ます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を読んで、みなさんにもLINEだからこそ出来るコミュニケーションを楽しんでもらえたらうれしいです!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です