陰キャ・オタク・経験なしの非モテが50人以上の女性を口説いたノウハウを公開中!

彼女が喧嘩で怒る真の理由?仲直りの為に必要な3つのポイントとは?

彼氏

「彼女との喧嘩が絶えない」

「なぜ彼女がそんなに怒っているのか分からない…」

そんな悩みを抱えている彼氏は多いと思います。

仲直りしようと話し合っても、余計に話がこじれるばかり…あまり喧嘩が長引くと、

「あなたは何も分かってくれない!サヨナラ!」となってしまう可能性も。

そこで今回は

  • 彼女が怒る本当の原因
  • 仲直りするためのコツ
  • 喧嘩のあとに気まずくならない方法

をお伝えしていきます!

 

この記事を書いてる水嶋タカシって?
(@tak_mizushima)

  • 幼少期の病気をきっかけに心理学に興味をもつ。
  • 大学でも心理学を専攻、上場企業に就職するも、職場やSNSでは人間関係にまつわる相談をよく受ける。
  • 読書量は年間200冊ほど。
  • 現在の妻とは、海外との遠距離恋愛を経て結婚。

なぜかいつも彼女と喧嘩になってしまう…

男が電話越しに怒鳴ってる

彼女と喧嘩をしたいわけじゃないのに…

 

さっきまで仲良くしていたのに、突然彼女が怒りだすことってありませんか?

きっかけは些細な言葉のすれ違いや、ちょっとした自分の行動だったりするんですよね。

でも彼氏の立場からすると、

「そこまで怒るほどのこと?」

「怒らなくたって普通に言ってくれたらいいのに」

って思っちゃうんですよね。

でも実は、彼女が喧嘩をふっかけるのは、彼氏に対して敵対してるからではないんです。

 

彼女が彼氏に喧嘩をふっかけるワケ

猫の喧嘩

 

ではなぜ彼女は彼氏に対して、すぐ喧嘩腰になるのでしょう?

それは彼女にとって、「彼氏に喧嘩をふっかけることが、愛情表現の裏返し」になっているからなんです。

猫を飼っている人は想像しやすいと思いますが、
猫ってたまに飼い主の手を甘噛みしてくることありませんか?

あれって、

「どこまでのイタズラだったら許してくれるんだろう」

ってこっちを試してるんですよね。

(本気で怒っている場合もありますが(笑))

彼女もこれと一緒で、

「こんな私でも受け止めてほしい」

「この人は、どのくらい私のことを愛してくれているんだろう?」

という潜在意識から、つい彼氏に対して攻撃的な態度をとってしまうのです。

 


彼女が怒っている本当の理由とは?

女が腰に手を当てている

喧嘩の原因そのものに怒っているのではない

 

彼女が喧嘩腰になりやすい理由は分かりました。

しかし、本当に彼氏に対して怒っている場合もありますよね。

例えば、仕事の付き合いで帰るのが遅くなってしまった、うっかり記念日を忘れてしまっていた、つい約束を破ってしまったなど…

おそらく、その時アナタは

「自分が悪かった」

「次は〇〇して、こうならないようにするから!」

と謝るでしょう。

その謝罪ポイントが、そもそもズレているんです!

 

喧嘩の原因はきっかけに過ぎない

 

確かに彼女はアナタの帰りが遅いことや、約束を破ったことについて怒っていましたが、それはきっかけに過ぎません。

本当に思っていることは、

「私が今怒りを覚えているということ『そのもの』に寄り添ってほしい」

ということなんです。

男性は解決脳、女性は共感脳とよく言われますが、まさに
彼女が求めているのは「共感」であって「解決策の提示」ではないんです。

ここが男性と女性の違いですよね。

 

「ごめんね、せっかく美味しいごはんを作って待っててくれたのに、帰ってくるのが遅くなってがっかりさせちゃったね。俺も早く帰って一緒にごはん食べたかったよ。」

 

と、言ってあげましょう。

自分も君の気持ちと一緒だよ、理解しているよということを表現してあげれば、彼女の怒りも収まりやすくなるかもしれません。

 


彼女と仲直りするための3つのポイント

赤毛の女の子が彼の手を引いてる

 

彼女と喧嘩になってしまう理由や、彼女が怒っているポイントについておはなししてきました。

とはいえ、人と人とのコミュニケーションですから、
どんなに理屈が分かっても一切喧嘩をしないというのは不可能に近いです。

ここでは喧嘩してしまったあと、上手に仲直りするコツをお伝えしていきます。

ここで紹介する3つのポイントを活用すれば、彼女と早く仲直りができますよ♪

 

自分はダメなやつだと認める

 

謝ったあとに、

 

「僕はいつも〇〇でキミを怒らせてしまって、ほんとすまないなって思ってる」

「僕はどうしようもなくダメなんだ」

 

と、自分がいかに不器用かを伝えてみましょう。

いつもは頼りがいのあるアナタが、弱気になった姿を見せることで

「そんなに思い詰めていたんだ」

「私も言い過ぎたかな」

と彼女は考えてくれるはずです。

これには女性の母性本能が関係しているんですね。

また、人間には、素直に相手の言うことを聞きたくない
「心理的リアクタンス」という意識が存在します。

つまり、

「僕はダメなやつなんだ」とアナタが言うことで、
「そんなことないよ」と彼女に思わせることが出来るのです。

 

相手の感情に寄り添う

 

【彼女が怒っている本当の理由とは?】でも触れましたが、彼女が求めているのはズバリ共感です。

 

「こんなことされたらがっかりするよね…」

「僕が君の立場だったとしてもそう思うと思うよ」

 

と、明確に言葉にして謝りましょう。

そう思っているだけではダメです!次のポイントでも触れますが、しっかりと言葉に表すことが重要です!

 

大げさに謝る

 

「本当に悪かったと思ってる!こんなにキミをがっかりさせてしまって、ホントーにゴメン!」

と言葉のボリュームをたっぷり、身振り手振りも使ってオーバーに謝りましょう。

彼女は喧嘩のあと、

「たぶんこれくらいの謝罪をしてくるだろうな」という予想を無意識に立てています。

その予想を遥かに超える謝罪をするのです。

自分の怒りの態度よりも、相手の反省の態度のほうが大きすぎると、
「まあ、そんなに言うなら…」とたいていの人は怒れなくなってしまいます。

もちろん、大げさに謝らなきゃいけないからと言って、思ってもいないことを言うのはNGですからね!

あくまでも自分のこころから出てきた、素直な言葉で伝えましょう。

 


喧嘩するほど仲がいいってホント?

海に向かって並んでいる男女

 

昔から、喧嘩するほど仲がいいって言いますよね。

出来れば喧嘩はしたくないですが、もしこれが本当ならうれしいですよね?実際はどうなのでしょうか?

 

結婚相手に向いているのは価値観の違うカップル

 

実は、結婚のように末永く付き合っていく関係の場合、
「自分と違う価値観の相手」のほうが長続きしやすいようです。

これは少し意外ですよね?

普通は、価値観が同じカップルのほうが良いとされています。

しかし結婚となると話は別なようで、「互いの価値観が違うことで、様々な人生の問題を乗り越えることが出来る」からだそう。

 

なるほど!

 

価値観が同じだと、問題にぶつかったとき二人とも同じ答えを導きます。

それが正しい答えだった場合はいいですが、もし間違った答えを導いてしまった場合、
二人とも同じ意見なので軌道修正するキッカケをつかむのが難しくなってしまいます。

価値観が違うからこそ、「そんな考え方もあったのか」と互いに気づくことができ、より良い未来を作っていくことが可能となります。

喧嘩はたしかに避けたいものですが、結果として二人の仲をより深めるものにもなり得るのです。

昔の人は経験則から気づいていたのかもしれませんね♪

 


喧嘩のあと気まずくならないためのたった一つのテクニックとは?

ハートの南京錠

 

最後に、喧嘩のあとスムーズに元の関係に戻れるテクニックをご紹介します。

と言っても、難しいことではありません。

たった一言、このワンフレーズを言うだけでOKなんです。それは…

 

「僕は、キミじゃないと、だめみたい」

 

「あなたじゃないとだめなんです」

「あなたしかいないんです」

 

彼女の目を見てはっきりと言ってみてください。

人は誰でも、誰かの特別でありたいという欲求が備わっています。

これを「特定化の心理効果」と呼びます。

「あなたは私にとっての特別なんだ」というメッセージを伝えることで、彼女は
喧嘩したあと許してあげられるのも、この人だから」と納得することができます。

そして、これを言葉にしたあなたも、彼女のことをより一層特別な存在だと感じることが出来るはず。

そのあと

「仲直りのしるしに、ゴハンでも食べに行こう?」

とでも誘えば、もう二人の間に気まずい雰囲気はなくなってるはず!

普段自分の気持ちを言葉に出さない日本人には、少々照れくさいフレーズかも知れませんが、
最後のひと踏ん張りですので、勇気を出してぜひトライしてみてください♪

 


まとめ

彼に寄り添う彼女

 

今回は「彼女が喧嘩で怒る真の理由?仲直りの為に必要な3つのポイントとは?」というテーマについておはなししました。最後に要点だけおさらいをすると、

 

MEMO

 

  • ここに文章彼女が喧嘩腰になるのは愛情の裏返し
  • 彼女が本当に怒っているポイントは「原因」ではなく「共感が足りないこと」
  • ①自分はダメなやつだと認める②相手の感情に寄り添う③大げさに謝る
  • 「喧嘩するほど仲がいい」は真実!
  • 「キミは僕だけの特別な存在なんだ」と口に出して伝える!

 

でした。

 

喧嘩をしてしまった時こそ、普段では気づくことのできなかった、相手の思っていることや些細な考え方のすれ違いに触れることができます。

「喧嘩=2人の絆を強くする心のメンテナンス」と前向きに捉えてもらえればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪この記事を読んで、彼女との絆がより深まることを願っています。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です