陰キャ・オタク・経験なしの非モテが50人以上の女性を口説いたノウハウを公開中!

【彼氏は料理上手?】料理上手な彼氏と上手く付き合うコツ3つ

男心は胃袋で掴め!

この言葉はよく聞く言葉です。
実際、料理上手な女性は男受けがよく、「女の子らしい」、「家庭的」というイメージを持たれ、男性に人気があります。

ですが、これは別に女性だけに限った話ではないと思います。

今は女性の社会進出が認められ、男女の関係が平等な世の中です。
女性だけでなく、男性も料理をするのは自然な事だと私は思います。

特に仕事を持っている女性からすれば、忙しい時や疲れた時に料理を作ってくれる彼氏がいるのはとても嬉しいですよね。

料理上手な彼氏と聞くと、いいイメージしかなく、いいことだらけだと思われがちですが意外とそうでもないのです。料理上手な彼氏を持つことで悩みやストレスを抱えるという事もあります。

そこで、今回は料理上手な彼氏と上手く付き合うコツを3つ紹介していきたいと思います!

その前に、まず初めに料理上手な彼氏のメリットとデメリットを紹介します。

1.料理上手な彼氏のメリット

①料理を作ってくれる

悩める人

料理を作るのは大抵、女性が作ることが多いですが男性でも料理を作る人はいますよね。

大半の女性はある程度料理はできますが男の人は料理ができるタイプと料理ができないタイプの二つにくっきりと分かれている傾向があります。
男の人は興味を持った分野ややりたいことを見つけると、それを極めようとする傾向にあります。

思い返してみても、学生時代の同級生でも男女でくっきり分かれていたなと思います。

美術の授業で絵を描くにしても、クラスパーティーで料理を作るにしても、男子は上手い人と下手な人のどちらかに分かれてて、女子は普通か少し上手いのどちらかだったなと思い出しました。

つまり、料理が好きな男の人はかなりレベルの高い料理を作ってくれるということです。

料理上手な彼氏のメリットで一番のメリットと言えば、やはり美味しい料理を作ってくれることですよね。
いつも料理を作るのは大変だけど、料理を作ってくれる彼氏という存在はとてもありがたいですよね。

料理や家事を分担できますし、疲れた時や忙しい時にご飯を作ってくれるのはポイントが高いです。

 

②料理にこだわる

料理上手な彼氏の二つ目のメリットは料理にこだわりがあるということです。

一つ目のメリットでもお話ししたように男の人は興味のある分野や好きな事はとことん追求して、極めていく傾向があります。

なので、男の人が料理に興味を持つと、材料や作り方、一番美味しい調理方法や食べ方等を研究し、試行錯誤して料理の腕を上げていくそうです。

私が以前付き合っていた彼氏も料理上手でとてもこだわりを持っていた人でした。
美味しい料理を作るためには食材にもこだわっていました。
パスタの茹で時間にも気を配っていたし、野菜を入れる順番、肉を焼く時の一番美味しい焼き加減等も徹底していました。

そんな彼が集中して、真剣に調理をしている横顔や後姿はかっこよくて、何かを一生懸命やる男の人って素敵だなあとときめいたものです。
それだけこだわりを持って作ったのでしたから、彼の料理は見た目だけでなく、味も格別でした。

普通のレストランやおしゃれなバーで食べる料理よりもずっと美味しくて、初めて彼の料理を食べた時は感動しました。

こだわりを持った男の人の手料理はシェフ顔負けのご飯も作れるのだなと実感した瞬間でした。

 

③料理のハードルが高い

料理上手な彼氏の3つ目のメリットは料理のハードルやレベルが高い事です。

私は料理はしますが別に料理上手と言えるほどの自信はありません。
料理は食べられればいいという考えでしか作りませんし、あまりこだわりもないので簡単な物しか作れないです。

せいぜい、カレーライス、味噌汁、卵焼き、肉じゃが、野菜炒め等の誰でも作れる料理位です。
ですが料理上手な彼氏はこだわりもある分、料理のハードルが高い物を作ります。

私がお付き合いしていた料理上手な彼氏は絶妙な焼き加減のステーキにほんのりとした赤みが綺麗なローストビーフ、キッシュや豪勢なポトフ等を振る舞ってくれました。

そんなお洒落な料理は作ったこともないですし、実家で作って貰ったこともないのでびっくりしました。
こんな難しそうな料理作れるの!?と思いました。

料理を作ってくれるだけでも嬉しいですけどそんなお洒落な料理も家で食べることができるなんていいことづくめですよね。

 

④料理の大変さを分かってくれる

料理上手な彼氏を持つと、実際に料理をするので料理の大変さも理解してくれます。
なので、彼女が料理を作った後は片付けや皿洗いをしてくれることもあります。

料理上手な彼氏はそんな細やかな気配りな一面があるのです。

一人暮らしをしている男の人は料理だけでなく、家事もするので家事の大変さも分かってくれます。
料理と家事をこなすことが大変なのをよく理解してくれているので率先して手伝ってくれますし、家事を分担してくれるという思いやりの心も持っている人が多いです。

料理をしない人は経験がないのでその大変さは分からないかもしれません。何でも一人で抱え込んで家事をするのは中々大変ですよね。

ですが、料理上手な彼氏を持つと、その大変さを理解した上で支えてくれるのでとても心強くて、頼りになると思います。

 

2.料理上手な彼氏のデメリット

①こだわりが強すぎる

次は料理上手な彼氏のデメリットを紹介します。

料理上手な彼氏を持つと、いいこともありますが欠点もあります。
料理上手な彼氏を持つと、こだわりがある分、美味しい料理を作ってくれるというメリットがありますがその反面、こだわりが強すぎるというデメリットがあるのです。

実際、こだわりが強すぎる分、それに振り回されてしまうということもあります。

これは、私の体験談なのですが、彼氏に食材の買い物を頼まれて買ってきたのですが買ったマカロニがそのマカロニでは駄目だったらしく、「○○の店のマカロニでないと駄目なのに!」と指摘されたことがあります。

そんな事言われなかったし、もう買ってしまったのだから無茶言うなと思いました。
「マカロニはマカロニなんだから、それでいいでしょ。」と言っても、その後もブツブツと文句を言っていたので面倒臭いなと思ったことがあります。

こだわりがあるのはいいことなのですがこだわりが強すぎると面倒臭いという一面があります。

そのこだわりに巻き込まれたり、振り回されたりすると、逆にストレスを感じてしまいます。
こだわりが強すぎるのも考えものですね。

 

②手料理を作っても駄目だしされる

二つ目のデメリットとして、挙げられるのは手料理を作っても駄目だしをされることがあるということです。

料理上手な彼氏は自分が料理できる分、相手にもそのレベルを求めようとします。

そのせいか、ついつい上から目線で批評をしてしまう時があります。
本人は良かれと思ってやっていることなのでしょうが正直言って、あまりいい気分にはなりませんよね。

彼氏の為に頑張って手料理を作ったのにそんな事をされたら作りたくなくなりますよね。
出された料理にケチをつける位ならまだいいのですが、料理中も口出しをすることもあります。

料理の順番や皿を洗うタイミング、野菜の切り方等一つ一つの動作を見張られ、一々口出しをしてくるので料理に集中できず、苛々することもあります。
親切心で言ってくれているのかもしれませんが自分の好きなペースで料理をする人にとって、それは逆効果だと思います。

正直、料理をするだけでドッと疲れますし、料理であそこまでストレスを感じたのは初めてでした。

勿論、そんな人達ばかりではないと思います。

今、お話したのはあくまでも一例の話です。
何事もやり過ぎはよくないという事ですよね。

 

③費用がかかる

料理上手な男の人はこだわりが強いので料理に使う食材や調味料にもこだわります。

私の付近にはスーパーがたくさんありますが高いスーパーと安いスーパーにくっきり分かれてます。
私なんかは特にこだわりを持たない人間なので普段の日は一番安いスーパーで買い物をします。

まあ、給料日やお祝い事をしたりする時は奮発して高い果物やいいお肉を買ったりもしますけどそれくらいです。
ですが、料理上手な男の人はスーパーで売ってる安い食材ではなく、少し高いスーパーのお肉や野菜を買ったりする傾向にあります。

食材からこだわるので完成した料理はその分、とても美味しいのですけど材料費が高いというのがデメリットです。
たまにならともかく、毎日だと食費がかかってしまい、思わぬ出費が発生してしまいます。

材料にこだわるのもいいですけど、月々の食費も馬鹿にはならないので節約生活をするには不向きかもしれません。

 

④彼氏が料理上手だと、プレッシャーを感じる

料理上手な彼氏を持った彼女の大半が抱えている悩みです。

悩める人

彼氏が料理上手なのは嬉しいし、作ってくれるのはありがたいけれど、素直に喜べない。

昔は男の人が料理をするということはほとんどない時代でした。けれど、今では料理をする男の人は特に珍しくありません。
とはいえ、やはり料理をするのは女の人が多い世の中です。
彼女の立場からすれば彼氏の方が自分よりも料理上手というのはどうしても気になってしまいます。

彼氏の方が料理上手であることにプレッシャーを感じてしまい、申し訳ないという気持ちを抱いてしまうからです。
それに、女らしさを求められる要素の一つに料理上手というイメージはつきものです。

だからこそ、彼氏よりも料理ができないことに彼女として自分は失格なのではないかと考えてしまいます。

 

3.料理上手な彼氏を持った悩みを解決する方法

①女だから料理ができないといけないという考えは捨てる

料理上手な彼氏はとても素敵ですがその分、悩みもあります。ですがその悩みを解決する方法はあります。

料理上手な彼氏に対して、プレッシャーを感じるという悩みを持つ女性はきっと多いと思います。
それは、きっと女としてこうあるべきというイメージや固定概念を持ってるからです。

だから、自然と彼氏よりも料理ができない自分と比べてしまい、プレッシャーを感じて悩んでしまうのです。

イメージや固定概念というものをいきなり変えるのは難しいです。が、あまり深く思い悩まずに開き直ることも大切です。

「女だから料理ができないと‥、」という考えに囚われすぎず、料理は彼にお任せしよう!と開き直ることも一つの手です。

何なら、料理は彼に任せて、自分は片付けや掃除をする。そうやって、バランスよく役割分担するといいのです。

わたしの友達にも結婚してるカップルがいます。
旦那さんが料理好きでしたが奥さんは料理を作るのはあまり得意じゃないというタイプでした。
ただ、旦那さんは料理好きだけど、整理整頓や掃除が苦手で奥さんは整理整頓をするのが上手というタイプでした。

なので、その家庭では、料理は旦那さんがして、掃除や整理整頓等は奥さんがするという上手い具合に役割分担をしている家庭でした。

人には得意不得意があります。だから、女だからこうでなきゃいけないと思い悩む必要はありません。
料理が苦手ならそれは彼にお任せして自分の得意なことを生かして、役割分担をするのもいいと思います。

お互いに足りない部分を補い合えることができるのは、とても理想的な関係ですよね。

 

②一緒に料理をする

料理が彼氏よりできない。もしくは、料理そのものが苦手だからといって、落ち込む必要はありません。
料理上手な彼氏がいるのなら、料理下手を克服するチャンスだと思えばいいのです。

彼氏に料理を教えてもらい、一緒に料理をするというのも一つの手です。

男性は女性に頼られると嬉しいと思う生き物です。

なので、彼女に頼られて嬉しがることでしょうし、料理も上手くなれるしでいいことづくしです。
料理が苦手だからと消極的にならずに前向きに頑張ることも大切です。

苦手なことを克服するのも素晴らしい心意気だと思います!

ちなみにこれは私の男友達の意見なのですが、「付き合った時から料理上手な彼女と付き合った当初は料理下手だったけど彼氏の為に一生懸命料理を頑張って段々料理が上手くなった彼女ならどっちがいい?」と聞いてみたところ、後者の段々料理が上手くなった彼女の方が好みだと言ってました。

自分の為に一生懸命頑張ってくれると嬉しいし、グッとくるのだそうです。

なので、不器用なりにも料理を頑張ることが大切です。

彼氏も自分の為に料理を頑張る彼女を見れば喜ぶこと間違いなしです。

 

③彼のこだわりに一から十まで付き合う必要はない

料理上手な彼氏はこだわりが強過ぎると面倒臭いという一面があります。
確かに彼氏のこだわりにいちいち、付き合っていたら心身共に疲れてしまいます。

そのせいでストレスになってしまい、関係が悪くなるカップルもいるそうです。

なので、無理に彼氏のこだわりに付き合う必要はありません。一から十まで付き合ってたら、自分が疲れてしまいます。

なので、程々に付き合う位の心算で大丈夫です。無理のない範囲で彼のこだわりに付き合ってあげる位で十分です。

何事もバランス良く、程々に。

無理をして相手に合わせていたら、いつか限界がきてしまいます。
料理上手な彼氏と上手く付き合うには無理をせずに自分が疲れない範囲でできることをする。

それが付き合っていく上で上手くいく秘訣です。

 

4.まとめ

料理上手な彼氏を持つと、いいこともありますが欠点もあります。

特に自分よりも料理ができる彼氏に対して、プレッシャーを感じたり、罪悪感を抱いてしまうという悩みを持つ彼女は多いです。
ですが、そこまで深刻に思い悩まずに、少し肩の力を抜くことも大切です。

イメージや固定概念に囚われず、割り切ることも一つの手です。
また、折角料理上手な彼氏が身近にいるのなら、彼氏に料理を教えてもらって料理の腕を磨くのもいいでしょう。

何より、一番大切なのは無理をしない事です。

そうすることで、料理上手な彼氏とも上手く付き合っていける事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です