陰キャ・オタク・経験なしの非モテが50人以上の女性を口説いたノウハウを公開中!

彼氏がクチャラーで不快!傷つけないように指摘するには?【別れたいと考える前に】

悩める人

「彼氏がクチャラーで、傷つけないような指摘の仕方を探している。」
「クチャクチャという咀嚼音、一緒に食事をするのがもう限界…」
「食事のたびに不快! 彼氏にどうやって気づかせればいいの?」
このようにお悩みではありませんか?

できれば、彼氏を傷つけないように指摘して、クチャラーをなおしてほしいですよね。
デートで食事をする機会は多いです。
そのたびに、彼に対して不快な気持ちになってしまうと、デートも楽しめません。

食事中のマナーによって、人間性が判断されることもあります。
その人の育ちをのぞき見ることができる時間でもあります。
彼氏に悪気はなくても、クチャラーは無意識でやっているのが怖いところですね。

この記事では、彼を傷つけないように指摘する方法を解説します。

この方法を知れば、ずっと彼に伝えられず悩んでいた、あなたの気持ちがスッキリと晴れますよ。

彼氏のクチャラーはハラスメント行為です!指摘しよう

クチャクチャ音を立てて食べることは、周囲の人をとても不快にさせるハラスメント行為です。

たとえば、あなたが大好きな彼とデートで食事中、クチャクチャと咀嚼音がするととても不快な気分になりますよね。

あなたが不快に思うだけでなく、周囲で食事をしている人も眉をひそめるほど、クチャラーは人を不快にするハラスメント行為です。

しかし、彼に悪気はないのです。
なぜなら、自分がクチャラーだと気づいていないから。

彼を傷つけないように指摘する方法を、見ていきましょう。

クチャラーとは?

クチャラーとは、食事をするときに口を開けたまま、クチャクチャと咀嚼音を立てて食べる人のことです。

クチャラーと俗語で言われるほど、周囲の人を不快にさせます。

クチャラーになる原因

クチャラーの彼は、わざと音を立てて食べているわけではありません。
本人は、本当に気づいていないことがほとんど。

他人から、今まで一度もクチャクチャと音を立てて食べていることを、注意されなかったからかもしれません。

ここからは、クチャラーになる原因を見ていきましよう。
クチャラーになる原因は、主に以下の4つと言われています。
①しつけされなかった
②鼻が悪く口呼吸
③口に入れる量が多い
④出っ歯

①しつけされなかった

一番身近な親から注意をされたことがないと、自分がクチャラーだと気づいていないことがあります。

なぜなら、最低限の食事マナーは、小さいころから家庭で親が身につけさせるものだからです。

そのため、彼の家族もみんなクチャラーの可能性があります。
全員がクチャラーだと、誰もそれがマナー違反だと気づかないので。

食事のマナーは、育った家庭環境が大きく反映されます。

②鼻が悪く口呼吸

鼻炎などで鼻が詰まっている人は、食べるときに鼻で呼吸ができません。

なぜなら、口で呼吸をしながら咀嚼するので、口が閉じられずクチャクチャと音が出てしまいます。

たとえば、突然ですが、今から鼻をつまんで食べ物を食べてみてください。
どうですか?あなたも立派なクチャラーになれます。

このように、鼻が詰まっていると食べるときに鼻で呼吸ができず、口が閉じられなくなるのでクチャクチャと咀嚼音がしてしまうのです。

③口に入れる量が多い

食べ物を口に入れる量が多いと、咀嚼音が大きくなります。

口いっぱいに食べ物を頬張ると、口が閉じづらくなるから。
口を完全に閉じて噛めないので、クチャクチャと咀嚼音がしてします。

食事マナーは、育った家庭環境が大きく反映されることが多いです。
クチャクチャ食べることもそうですが、食事マナーが身についていない原因は、家族から注意をされてこなかった可能性があります。

食べ物を口いっぱいに頬張ることは、口が閉じにくく咀嚼音が大きくなってしまいます。

④出っ歯

歯が前に出ている構造だと、歯が邪魔で口が閉じにくく咀嚼音が出やすいです。

食べ物を噛むときは、さらに口が閉じにくくなってしまうので。
クチャクチャと噛む音が出てしまします。

これは、本人にはどうすることもできないこと。
出っ歯だけが原因なら、歯列矯正を検討してもいいかもしれません。

出っ歯が邪魔で口が閉じにくいと、咀嚼音が出てしまいます。

彼氏本人はクチャラーという自覚がない【気づかせる・自覚させるには?】

クチャラー本人は、自分がクチャラーだと気づいていないことが多いです。

なぜなら、誰かに指摘されたことがあれば、食事中に気をつけて食べる人がほとんど。

しかし、彼女との食事でもクチャクチャと音を立てて食べて平気な顔をしていられるのは、本人が気づいていないからです。

食事マナーは、小さい頃から家庭でしつけられるもの。
今まで誰にも注意される機会がなかったのかもしれません。

そこで、あなたの出番です。
大好きな彼に、クチャラーを自覚してもらいましょう。

彼がふだん意識していないところに注意を向けて、気づいてもらう方法をご紹介します。

ここでは、指摘する前に彼にづいてもらう二つの方法を、見ていきましょう。

①友達の話として気づかせる

彼氏のことではない感じで、
「この前、友達と食事をしていたら、その友達がクチャクチャって音を立てて食べてたの。」「お店のほかのテーブルの人も、眉をひそめてこちらを見ていたから、恥ずかしくて早く帰りたかったわ。あなたは、こんなときどう思う?」
と話して、自分の場合だったら…と、振り返る機会を与えて、自覚してもらう方法。

これだけで、「もしかして、俺もやってるかも…」と気づくきっかけになります。

彼が、ふだん意識していなかった、咀嚼行為に目を向けさせるいい方法です。

②食事中に音を録音する

実際に彼の咀嚼音を録音し、聞いてもらうことで気づくことができます。

「最近ASMRって流行っているよね!いい咀嚼音が出そうなものを食べている音を、お互い録音して聞いてみない?」
と提案して、彼に自分の咀嚼音を聞かせてみてください。

できれば、あなたの咀嚼音を聞かせた後に、彼の咀嚼音を聞かせると、違いがわかりやすいです。

そこで、「あれ?〇〇くんの噛むときの音、少し大きいかもね…」と、付け加えると、さらに気づきやすくなります。

自分の咀嚼音を聞く機会はめったにないので、聞いて自覚してもらうためにやってみましょう。

彼氏を傷つけないように指摘する方法とは?

彼自身に気づいてもらう方法を試しても、彼が自分で気づけない場合は、もう少し踏み込んで伝える必要があります。

自分が気づいていない部分を指摘されるのは、とても恥ずかしいものです。
最初からストレートに切り込まずに、やわらかく傷つけないように指摘しましょう。

クチャラーを指摘することは、彼にとってメリットしかありません。
あなたも彼がクチャラーだという悩みから解放される第一歩になるので、ここは頑張って指摘してみましょう。

MEMO
ここでは、彼氏を傷つけないように指摘する方法を3つ紹介します。
①鼻の調子を心配する
②明るく指摘
③正直に伝えることも愛

①鼻の調子を心配する

本当に風邪を引いて鼻の調子が悪いから、クチャクチャと音がしてしまうんだと思って指摘しましょう。

「あれ?風邪ひいて鼻がつまってる?噛むときの音が大きいから、鼻の調子が良くないからかなと思って」
と伝えて、噛むときの音が大きいと意識させる。

風邪による鼻づまりから、咀嚼音が大きいと思ったことにして指摘しましょう。

②明るく指摘

深刻にならずに、明るい雰囲気で健康情報を話すように指摘しましょう。

「〇〇くん、いつもあまり噛んで食べてないみたい。」
「食べ物を口に入れて、一口30回噛むと胃に優しくて栄養になりやすいんだって。しかも、満腹中枢が刺激されるから自分の食事の適量がわかるみたいよ」
と明るく伝えて、よく噛んで唾液を出させ口を強制的に閉じてもらう方向に持っていく。

③正直に伝えることも愛

最終手段ですが、ハッキリ言わないと伝わらない人もいます。
彼のためにも、ハッキリ言ってあげるのが愛です。

「前から気になってたんだけど、〇〇くんって、食べる時の音がちょっと大きいかもね…」
と、正直に伝えることも愛。

彼が会社の人と食事をする時や、あなたのご両親と食事をする機会もあると思います。

クチャラーだと本人が気がついていないことで、知らない間に恥をかくことも。
ハッキリと伝えることは、彼の人生のメリットになります。

彼氏のクチャラーを改善する方法【別れたくないなら実施せよ】

彼に指摘した後は、クチャラーを改善する方法を彼に提案しましょう。
あなたが声をかけてあげて、二人で一緒に試してみてください。

長年かけて身についた習慣は、一日ですぐなおるものではありません。
根気強く、やさしく声をかけてあげましょう。

ここでは、クチャラーを改善する方法を3つ紹介します。
①食事の前に鼻をかむ
②一口の量を少なく
③奥歯で噛む

①食事の前に鼻をかむ

食事をする前に鼻をかむようにすると、鼻で呼吸がしやすくなります。
鼻で呼吸がしやすくなると、自然と口を閉じて咀嚼できます。

たとえば、デートで食事をするときに、ティッシュを差し出して、鼻をかんでもらってから食べるようにしましょう。

そうすることで、鼻が通り呼吸がしやすくなり、口を閉じて咀嚼できるようになります。

②一口の量を少なく

一度に口に入れる量を少なくすれば、口を閉じて咀嚼しやすくなります。
一口食べ終わったら、またもう一口と、完全に口の中がなくなってから次の一口を入れるように、声がけしましょう。

一口が少なければ、口を完全に閉じて噛めます。
飲み込む前に、もう一口入れようとしたら、声をかけてあげましょう。

③奥歯で噛む

奥歯で食べ物を噛むと、咀嚼音が出にくくなります。
なぜなら、奥歯で噛むと口が開きにくくなるので。

食べ物は、前の方で噛むと口が開きやすく、クチャクチャと音が出てしまいます。

彼が、前歯のほうでクチャクチャ食べているときは、「奥歯~!」と優しく声をかけてあげましょう。

まとめ

クチャラーはわざとではなく、本人が自覚していないことがほとんど。

クチャラーになる原因
・しつけされなかった
・鼻が悪く口呼吸
・口に入れる量が多い
・出っ歯

本人はクチャラーという自覚がない
・友達の話として気づかせる
・食事中に音を録音する

彼氏を傷つけないように指摘する方法
・鼻の調子を心配する
・明るく指摘
・正直に伝えることも愛

彼氏のクチャラーを改善する方法
・食事の前に鼻をかむ
・一口の量を少なく
・奥歯で噛む

彼を傷つけないように指摘することは、あなたも食事中に不快な思いをしないというメリットと、彼もクチャラーで人生を損しないメリットがあります。

大好きな彼に、クチャラーであることを指摘することは、勇気がいりますが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です