陰キャ・オタク・経験なしの非モテが50人以上の女性を口説いたノウハウを公開中!

パパ活で2回目に繋げる方法と 繋がらない場合の原因、 初回と2回目以降のお手当の違い

女の子

2回目に繋げるにはどうすればいいんだろう・・・

初回のお誘いはひっきり無しなのに2回目に繋がらない、繋げる方法が分からない。
そんな壁にぶつかった方は是非この記事を読み自己分析をして欲しい。

そして試し自分にあった方法を探ってみて欲しい。
さまざまなパパが存在する限り万能な方法はない。

無理をせず自分にあった方法で素敵なパパ活が出来る様記事をまとめました。

この記事では2回目に繋げる方法と繋げられない要因についてまとめました。
是非参考にしてみてください。

なお、本記事ではパパと良好な関係を長期的築く為にはどうすればいいのかに焦点を当てております!

お手当の相場

顔合わせ 5千~1万
お茶/食事 1万~2万
デート 2万~3万

あくまで相場であり一つの指標です。
パパ次第では相場より貰えたり、貰えなかったりする場合が充分あります。

時給でお手当換算し考える事もいいですが、パパを楽しませる事が出来れば、
おのずとお手当も上がり良好な関係を継続出来ると思います。

とは言っても様々なパパが存在しますので、いろんなパパに出会い自分と相性の良いパパを探すことも重要です。

顔合わせ

パパ活の顔合わせでは5千~1万が相場のようですが、
印象が良いと更に貰える事があるようです。

人の第一印象は3秒で決まります、身なりは気を付けるようにしましょう。

お茶/食事

2回目以降はパパからお気に入りを貰えているので、より多くのお手当が期待出来ます。
パパによって異なりますが、レストランで食事のみも場合/体の関係を要求等は、今後の関係も含め考えた方が良いでしょう。

デート

デートでの相場は2万~3万ですが、基本的に長い拘束時間が発生します。
その為、お手当と拘束時間の対価を考えた上で約束しましょう。

デートしている時点である程度、信頼関係が築けていると思いますので、
パパを楽しませればお手当は大幅アップすることでしょう。

そもそもお手当とは・・・

そもそもお手当とはどういう事なのでしょうか。

お金を払えば相手する女性は沢山いる中で、なぜパパ活をしている女性を選ぶのか。
見ず知らずの女性にお茶や食事等をしお金を渡すのは何がそうさせているのでしょうか。

お手当とはパパからのご厚意である事を忘れてはいけません。
パパもひとりの人間であり初めからお手当の交渉等をしては萎えてしまいます。

パパを楽しませる事で信頼関係を築ければお手当も自然と上がっていく事でしょう。
パパ側もお手当有りきであることは分かっています、心の拠所として接しましょう。

とはいえ、ケチなパパや下心丸出しパパも中にはいるので、お手当感覚を探り合わなければ次へ切り替えましょう。

パパと今後良好な関係を築けれるのか、を長期的に考えば安定してお手当が貰えるでしょう。

顔合わせから2回目へ繋げ方

2回目への約束は、顔合わせ時に次の約束するのがいいいでしょう。
休日やパパの行動時間、趣味等の情報を顔合わせ時に伺い、好きな事を絡めながら誘うと次に繋がりやすいと思います。

今注目のレストランについて話題を振り、パパが話題に反応を見せたら、話題を絡めながら誘いましょう

話題に良い反応がなかった場合は、自分から行きたいレストランを調べ話題を振り今度どうですか?とストレートに誘ってみましょう。

もしあなたの印象が悪くなければ、誘いに乗ってくれ時間を空けてくれると思います。
2回目へ繋げるには顔合わせを頑張ることが一番の近道です。

顔合わせ時に褒められてもそれは、その場しのぎのお世辞の可能性もあります。
しっかりとパパの機微を確認し印象が悪くなければ会ってくれる筈です。

顔合わせで100%頑張るのは今後が大変ですが、パパでも相性が良くない、生理的に無理パパ等の場合は、直ぐに見限りを付け次へ切り替える事も大事です。

色んなパパと出会い、経験し知る事が大切です。
紳士富裕パパで有っても無理な交渉し消えてしまう事だってあることです。

しかし沢山のパパと出逢えば、ある程度のボーダーラインが分かり、ギリギリのラインでワガママが出来る様になるでしょう。

もし2回目以降が繋がらない、顔合わせで連絡が途絶えるとの場合は下記の原因を確認し自身を振り返りましょう。

2回目のデートへ繋がらない原因

・顔合わせの印象が悪い
・顔合わせでお手当交渉をしている
・会話の内容に問題がある
・パパを楽しませる事が出来ていない
・顔合わせが終わった後連絡をしていない

私が考えた結果ある程度このどれか、もしくは複数当てはまっている可能性が大きいです。
初めにも触れましたが、パパも人間である限り嫌な感情になれば、お手当又は2回目以降に会うのは無いでしょう。

しっかり自分を振り返り次に繋げられるよう頑張りましょう。

顔合わせの印象が悪い

身だしなみ、姿勢、話を聞く態度、言葉遣い等が考えられます。
身だしなみもですが、背筋を伸ばし興味のない話でもしっかり聞く姿勢は大事です。

髪はカラーリングしている場合はしっかりメンテナンス、装飾品はポイントでまとめ付けすぎない、ネイルは多色控える。

話を聞く場合は、体をパパ側へ向けしっかりと相槌、話の中にパパの情報は隠れているので、しっかり聞きましょう。

言葉遣いが悪くネガティブな印象を与えかねない、その場では何も言わないでしょうが、ほぼ2回目は無いでしょう。

顔合わせでお手当交渉をしている

顔合わせであまりお手当の話はしない方が無難です、パパも初めからお金とガッツかれては萎えてしまいます。

初め頃に陥りがちだと思いますが、パパを楽しませればお手当は自ずと上がってくるでしょう。
焦ることなく良好な関係を築くようにすれば結果的にお手当はアップしているはずです。

それでももしお手当交渉したい場合は2回目以降にしましょう、デート初めの方で交渉し渋るようなら次のパパへ切り替えましょう。

注意
信頼関係を築く事の方が重要なので、関係を築く前にお手当交渉するのは避けた方がいいでしょう

会話の内容に問題がある

顔合わせでの会話を覚えていない、会話のキャッチボールが出来ていない、パパの話に興味を示さない。

会話の中には沢山の情報があります、興味がある事、好きな事、嫌いな事、悩みや近況であったりと、その中からパパのツボを知ることが出来れば、より良い関係が築けることでしょう。

しっかりと眼を見ながら相槌、相槌の合間に簡単な疑問を投げかけるだけで会話は良くなるでしょう。

パパを楽しませる事が出来ていない

「お手当とは」でも記載しましたが、お手当はご厚意です。
パパを楽しませる事が出来なければ、顔合わせですらお手当は0だってあります。

しっかり会話の中からパパのツボを探し、シャイなパパなら会話を振り、お立てに弱いパパなら分かり易くに褒める、話を聞いてほしいパパなら聞く側へ転じる。

ですがあまり頑張りすぎたり、少し負担になったりしてきたパパについては直ぐに身を引きましょう。

自分の負担になる関係は良好な関係では有りませんので、注意が必要です。

顔合わせが終わった後連絡をしていない

パパ側も一人の女性と絞っている訳ではないので、別れた後は印象が消えない内に連絡するよう心がけましょう。

人の印象は30分以内で50%まで下がると言われています、他の女性の印象にかき消されない様に別れた後は、連絡を忘れない様にしましょう。

一例:

今日はご馳走様でした、先程話した映画楽しみにしてます

本日はご馳走様でした、只今帰宅しました。

今度流行りのレストラン行きましょうね、約束ですよ。

まとめ

1、お手当の相場はあくまで相場であり指標の一つ
2、そもそもお手当とはパパからのご厚意ある
3、顔合わせからの2回目への繋げるには顔合わせ時に
4、2回目のデートへ繋がらない原因は顔合わせ時を振り返ろう

最後に・・・

パパ活は良いことばかりではありません、最近ではパパ活でトラブルになりネットニュースになった事もあり、相応のリスクも覚悟して置かなければいけません。

相手は大人の男性ですが、いいパパばかりでは無いことを知っておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です