陰キャ・オタク・経験なしの非モテが50人以上の女性を口説いたノウハウを公開中!

【徹底解説】うつ病彼女の特徴5選と正しい付き合い方!別れ方や予防法も!

人生100年時代と呼ばれる長寿の時代においても、なくならないのは病気です。

2019年の厚生労働省のデータでは、2人に1人はがんにかかり、6人に1人はうつ病にかかるといわれています。

 

うつ病は決して自分とは無縁な病気ではありません。

大切な彼女がもしうつ病にかかってしまったら、あなたはどうしたいでしょう。

そしてそのためには、どうするべきなのでしょうか。

うつ病の彼女の特徴5選

うつ病の彼女と聞くと、憂鬱で根暗な貞子のような女の子や、とにかくメンヘラなかまってちゃんを想像する方も多いでしょう。

 

しかし実はうつ病という病気は特殊なもので、憂鬱なだけ、かまってちゃんなだけというわけではありません。

病気を正しく理解するとともに、うつ病の彼女の特徴もつかんでおきましょう。

第1の特徴「死にたがる」

うつ病の最も重大な症状として、「希死念慮」というものがあります。

これは自分が死にたいと理由があって思っているわけではないのに、理由もなく死にたくなってしまうというものです。

 

うつ病の彼女はよく「死にたい」と口にします。

典型的な希死念慮の表れです。

しかしこれは本当に死にたいのではなく、死にたいほどつらいという意味なのです。

 

そして重要なことに、希死念慮を自分でコントロールすることはできません。

「死にたい」と自分で言いたくて言っているわけでも、思いたくて思っているわけでもないのです。

 

ただ仕方なく、病気のせいでそう思ってしまって、そう言ってしまうだけです。

うつ病の彼女がメンヘラやかまってちゃんだと勘違いされがちなのは、この起死念慮が大きく影響しています。

 

しかしこの希死念慮は病気の症状であって、うつ病の彼女の大きな特徴でありながらも、彼女の性格上の問題や特性ではないことに注意しておきましょう。

第2の特徴「何もできない」

うつ病にかかってしまうと、とてつもない無力感に襲われることがあります。

これは「自分は何もできない」とひたすら 自分を責め続ける行為にもつながるものです。

 

本当は、何もできないわけではありません。

しかし病気の症状で、そう「思わされて」しまうのです。

これはうつ病が「脳の病気」だから起こることです。

 

自分にできることできないことの判断がつかず、すべて自分にはできないと感じてしまうのです。

 

だからこそうつ病の彼女は「自分じゃ何もできないから」というとてもネガティブな雰囲気をまとっていることがあります。

第3の特徴「やる気が出ない」

うつ病にかかってしまうと、何もやる気が起きないという無力感に襲われてしまいます。

健康な人でも、頑張った後には疲れてやる気が出ないことがあるでしょう。

 

うつ病の無力感は、この健康な人の「やる気が出ない」という症状をはるかに上回るものです。

 

健康な人が仕事を億劫に感じるのだとすると、重症度にもよりますがうつ病の人は布団から出るのを億劫に感じることもあります。

 

やる気というのは、目的意識と達成意欲が明確にあり、達成できるという自信があるからこそ湧いてくるものです。

 

うつ病にかかった状態では第2の特徴「無力感」により、自信を持てる状況には到底ありません。

だからこそやる気や気力も、どれだけ頑張ったところで湧いてきません。

うつ病の彼女が「頑張れない」「頑張れる気がしない」と言うのはこのためです。

第4の特徴「寂しがり」

うつ病の特徴として無力感や無気力感がある以上、自分では何もできないから誰かにそばにいてほしいと考えがちになります。

 

うつ病の彼女がかまってちゃんだと思われる理由はここにあります。

自分では自分をコントロールできない状況にある以上、誰かがそばにいて自分をコントロールしてほしいのです。

 

それがどうしても他人頼りに見えてしまい、重く見えてしまうこともあります。

ただ、うつ病の彼女が寂しがり屋で「離れたくない」と口にする理由はここにあるのです。

第5の特徴「動けない」

精神の病気として片付けられがちなうつ病ですが、脳の病気である以上は体の不調も伴います。

それが「体が思い通りに動かない」という現象です。

 

どれだけ動こうとしても体が重すぎて動けないというのは、健康な人でも疲れた時などに経験するでしょう。

 

うつ病は「脳の疲労骨折」と呼ばれています。

脳が疲労し萎縮した状態にあるので、健康な人のように体を自由に動かすことが困難になるのです。

 

うつ病の彼女は「あれやって」と要求してきたり「会いに来て」などとこちら側に動くことを要求してきたりする場合があります。

これは彼女が動けないから起こることです。

うつ病の彼女への接し方

うつ病の彼女はとても思いつめやすいので 特別な配慮が必要です。

しかし特別な配慮といっても、必要以上に気遣う必要はありません。

愛情と、彼女と真摯に向き合う気持ちがあれば十分です。

その1 死にたいと言われたら?

「死にたい」は「死にたいほどつらい」の意味です。

本当に死ぬ相談をされているわけではありません。

死にたいと思ってしまうほどつらいんだね、と理解を示してあげましょう。

 

しかしここで大きな注意があります。

彼女の気持ちをわかろうとするあまり共感しすぎると、自分も彼女の希死念慮に引きずられてしまいます。

自分と彼女との線引きをきっちりとしなければなりません。

 

彼女は今死にたいほどつらい、けれど自分は生きたいという気持ちの区別を忘れないようにしましょう。

その2 何もできないと言われたら?

何もできないと言われてしまった時は、「今彼女はできないと思っているんだ」と彼女の気持ちを大切にしてあげましょう。

無理やり何かをさせる必要はありません。

 

自分には何もできないという認識は脳の誤作動によるものです。

きちんと治療して休養しながら回復を待ちましょう。

 

その時に「本当はできるくせに」「できないわけない」などの責める言葉や急かす言葉を口にしてはいけません。

「できないこと」を優しく見守ってあげましょう。

その3 何もしたくないと言われたら?

こちらも「今彼女は何もしたくないんだな」と理解してあげましょう。

そもそも何週間にもわたって気力が起こらないのがうつ病の診断基準の1つです。

 

森田療法という、強制的に一定期間何もさせないことで人間がうちに秘める行動意欲を引き出す精神療法もあります。

何もしたくない期間は永遠ではありません。

 

むしろ「何かしないと」と頭で考えすぎるあまり、「もう何もしたくない」と反動が行動として表れていることも多いのです。

 

彼女が自分で何かをやりたいと思うまで、急かさず待ってあげましょう。

その4 ずっとそばにいてと言われたら?

ずっとそばにいるのは不可能です。

彼女が大変なように、あなたにはあなたの生活があるでしょう。

生活の軸を彼女にする必要はありません。

 

ただうつ病の彼女は孤独感を抱くことが多く、心配性になることが非常に多いです。

そのためできるだけこまめな連絡や通話、愛情表現を心がけましょう。

その5 身の回りの世話を頼まれたら?

デートの度に何かお願いをされる程度なら問題はありませんが、頻繁に会いに来て身の回りの世話を頼まれると大変です。

 

彼女がうつ病でつらくとも、付き合う側も大変なのです。

四六時中彼女の世話をしていれば、こちらが倒れかねません。

 

もし彼女が自分で身の回りのことが一切できないほど重度のうつ病ならば、速やかに病院を受診しましょう。

 

医師の診断書と精神障害者手帳の交付により、自治体からの福祉サービスを受けることができます。

 

そこには、自治体によってサポートの差はありますが、たいていはヘルパーや介助などの身の回りの世話のサービスも含まれています。

 

1人で彼女を支えようとせず、うまく福祉制度を使うようにしましょう。

もし別れたくなったら?

うつ病の彼女と付き合い続けることが負担になることもあるでしょう。

うつ病は誰でもかかる可能性のある病気ですから、一緒にいるあなたがかからないとは言いきれません。

 

もし別れたくなったら、あなたもうつ病になる前にきちんと話をするようにしましょう。

 

この時に大切なのは、別れる理由の話し方です。

うつ病の彼女は「自分のせいで」と自己嫌悪し自殺を考える場合や、「別れるくらいなら死ぬ」と言う場合もあります。

 

彼女のせいではなく、支えきれない自分の器量不足だと丁寧に何度も話してわかってもらうようにしましょう。

 

彼女はうつ病で視野が狭くなっているので、「自分より良い人がいる」などの不確定な未来への確約できない言葉をかけてはいけません。

 

誠心誠意支えきれないことを謝り、自分も引きずられる恐れがあることを正直に話しましょう。

彼女をうつ病にしないために

そもそも彼女をうつ病にしないためにできることは何でしょうか。

うつ病予防のために有効だと確証のあるものはありませんが、治療に使われる方法の中にヒントがあるでしょう。

日中デート

引きこもりがちな人や夜型生活の人など、日に当たる機会の少ない人は骨粗しょう症をはじめさまざまな病気になるリスクがあります。

うつ病もそのうちの1つです。

 

よく日に当たることで生活に必要なビタミンやホルモンを合成して、うつ病の予防に努めることができます。

話を聴く

ストレスからうつ病にかかる人は非常に多いです。

女性の多くは、話すことでストレスを発散します。

そのため日頃から、彼女の話をよく聴いてあげるようにしましょう。

 

もちろん一方的に聴くだけでなくてかまいません。

彼女の話を聴いたら、こちらも話を聴いてもらいましょう。

ストレス発散とともに、日頃から深く話すことで2人の仲も深まります。

幸せホルモンを出す

うつ病の治療によく用いられるホルモンが「セロトニン」という物質です。

これは幸せホルモンとしてもよく知られ、好きな人とのキスやハグで大量に分泌されることが研究でわかっています。

 

普段からスキンシップなどの愛情表現を大切にすると、結果的にうつ病予防につながるでしょう。

彼女と幸せに過ごそう

うつ病の彼女の特徴や接し方、別れ方やできる限りの予防法についてお話ししてきましたが、彼女と何気ない日常を送れるのが1番でしょう。

 

彼女への想いを大切に、愛情表現を忘れずに2人の幸せを噛みしめながら暮らしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です