陰キャ・オタク・経験なしの非モテが50人以上の女性を口説いたノウハウを公開中!

出会いがないと悩む男性へ。”諦めるのはまだ早い!”彼女作りの戦略集

悩める人

出会いがない!

筆者

と嘆く男性のための解決戦略をご用意しました。
諦めムード漂う悲しい負のスパイラルから抜け出したくはありませんか?
出会いがないということに染まったままの男性ではいたくはないですよね。

今こそ動き出すべき時。
明日の自分のために、ぜひご一読ください。

<まずは「誰」(目標)に出会いたいのかを見つめなおそう>

出会いに必要なもの、それは自分がまず”どんな人”とくっつきたいのかを知ることです。
落ち着いた女性や、明るい女性いろいろいますね。
見た目も若々しいギャルから、クールビューティーなOLさんと出会いたいなど。

なぜそんな目標が必要になるかといえば、そこを攻めることができるだけの武器が必要になるためです。
その武器はジャンルによって有効性が全く変わってきます。

男性としての中身・見た目・知識・トーク力といったそのジャンルに沿った魅力を適切に身に着けるためにも、まずは目標が誰でどんな戦力を持っているのか。
シミュレーションする必要が出てくるのです。

<敵(目標)の前に己を知ろう>

それではシミュレーションをする前に、自身の戦力分析を行いましょう。
よく”スペックの高い人”という表現を見かけますが、自身の”スペック”がどうなのか?
足りるところ足りないところの見極めが必要になります。

客観的な自己診断

見直しにおいては、とにかく「客観的な自己診断」が必要になります。
企業の面接における「自己の長所と短所」を聞かれる項目がありますが、
全く同様で、どれだけ落ち着いて自己診断ができるかがポイントです。

男女関わらず、人としてダメなところ・考え方・空気が読めるかどうかなどをメインに見直してみましょう。

もし思いつかないようであれば、下記の10項目をはい・いいえで答えてみましょう。

      • かっこいいところをとにかく見せれるように動くことがよい?
      • 相手がどんな状態であれ、引っ張っていくのが男である
      • 周りを押しのけてでも、好きな相手にアピールすべき
      • 軟弱な自分より、ワイルドな自分を見せるべき
      • 話は聞くより、話してあげて楽しませるべき
      • 自分の良いところは話してあげたほうがわかりやすい?
      • ダメなところアピールして楽しいイメージを持ってもらうべき
      • 一緒にご飯を食べるときは、さっさと食べて会話を始めるべき
      • 相手の感情を読むより、自分の素直さをまず知ってもらうべき
      • 人間素直が一番。何事も嘘をつくべきではない
    1. この項目については、客観的に自分が”どちらにあたるか”で判断してください。

 

さて、早速答えあわせですが。
10項目中、もしも一つでも「はい」がある方は”アウト”となります。

もちろん、ケースバイケースですのでそれが絶対ではありません。
しかし、読んでもらえるとわかるのですが、どれも「自分大事人間」の典型となります。

 

嘘をつくことすらも、「時として必要なこと」です。

何でもかんでも”素直にいうこと”は考えが足りない人という捉えられ方をするものがほとんどでしょう。

人の道徳観念においては考えさせられるかもしれませんが、実はこれこそが一般的なものさしでもあります。

 

現在の人間関係の見直し

同性の友達、異性の友達さまざまいるものだと思います。
この中で、ここは注意してください。

他の異性に対して「あいつは〇〇でダメなやつなんだ、笑えるだろ」などと貶めてネタにしようとする友達がいたら縁を切るべきです。

こういった人間は、”他は使えなくてダメなやつだけど、俺はできるやつだぜ”というアピールをよくします。
直接口にはしなくとも、レース前に車を壊しておくような人間でもあるのです。

一緒にいるだけでマイナスになりこそすれ、プラスになることはほぼありません。
「あいつはいいやつだから」との言葉は「あいつは(都合の)いいやつだから」と変換されていることは間違いないでしょう。

 

交友関係は最もシビアに見つめ直す必要があるもの。

友達がいなくとも、形にできるだけの実力を持たないといつまでたっても、当て馬扱いで終わってしまいます。

 

対女性の会話方法の構築

自分が普段女性と会話をする時を思い出してください。
いつもどちらが多く話をしていますか?
もしもそれが自分であった場合には注意が必要です。

誰かとの会話において、わりと「自分のことを話しがち」になるもの。
なぜなら、間違いなく「知っていること」だからです。
しかし、その話は果たして相手の興味を引き出せるものなのでしょうか?

有名なゲーム、スポーツ、リゾートさまざまなネタがある中で、相手が「食いつく」ところはどこなのか。
相づちも薄く、あまり興味ないかな?ともし思えるなら、間違いなく興味はないものです。

そもそもどこに興味があるのか?そこがポイントになるのですが、何を話せばよいのかわからない。
となってしまいがち。

であれば、必要になることは「普段の相手自身を引き出すこと」に尽力すべき。
すなわち、”相手に話してもらうこと”が答えになります。
相手に話の舵をなんとか握ってもらうことが会話の要点となるわけですね。

 

「趣味はなにかありますか?最近なにか映画は見ました?」など話題をふるちからが求められることになります。
目標とした相手が「何を好きそうであるか」という点もおさらいしてみるのもありですね。

それらを踏まえて、自身の会話の「作り方」を今一度見直ししてみましょう。

 

 

財政状態の見直し

俺は金があるんだぜ!とアピールしてください。
などというつもりはありません。

しかし、ちょっと入り用になって困ることがない貯蓄ができていれば、普段の落ち着きとなって現れるものです。

例えば、女の子と食事をするなら食事代をさりげなく奢れる頼りがい。
他にも、飲み会の後、いざともなればタクシー代を貸してあげられる頼りがいなど。

もちろん、初対面でいきなり奢ると疑いの目などで見られてしまったりもするので、あくまでさりげなく行う必要があります。

ここでの立ち回りは意外と大変なのですが、うまくできるとかなりのアドバンテージとなります。

話題にもなる、「趣味」探し

スポーツ・読書・音楽・ゲームありとあらゆる楽しみに目を向けてみましょう。
一昔前よりずっと、趣味と人に対する偏見が薄れている世の中です。

何も趣味を持たない人より、何かしら趣味を持っている人のほうが魅力的にうつります。
そして誰かの趣味を自分も楽しめるだけの視野の広さも持てれば尚良いでしょう。
同じ映画や本の感想を言い合うというだけでもだいぶ盛り上がります。

自分の趣味はあくまで、「聞かれた時に答えられるもの」という認識です。
自分から押し出すものではないということだけは抑えておきましょう。

あっても役立たないプライドは捨てる

プライドが高すぎれば、人は「ドン引き」します。
ほんの少しなら、「あぁ、やっちゃったか。ごめんね?」と軽く返せるような気安さを持てるようにしましょう。
これも空気を読んでの発言が必要にはなります。

素直に「ごめんなさい。僕がチェックしておかなきゃだったね。本当にごめん」と周りに人がいたとしても”相手を立てること”ができるかできないかでだいぶ違います。
印象という一言においては天と地の差であると理解しましょう。

 

自分が「やってやった」などという考え方ではありません。

「やらせてもらった」と卑屈ではない程度での捉え方ができる思考の持ち主でいられるよう心掛けてください。

 

自己ファッションチェック

不潔感のある人よりは、清潔感のある人。
これは日本はおろか世界中見渡しても、全く同様の意見が出てくるでしょう。

流行りの服装であろうがなかろうが、よほどぶっとんだ恰好でなければ後は清潔感の問題だけです。
身だしなみの問題ですので、そこまで気にすることはありません。

ただし、世間一般の服装がどうなのか。
目標とする女性のいる業界的に”良し”とされる服装のイメージはどうなのか?というポイントはチェックしておければベターでもあります。

 

あまり背伸びをしても、張りぼてはすぐに倒れてしまうものでもあります。
なので、半端にしか深められないなら身だしなみレベルのチェックに留めてください。

無理をしない程度に、見識を広めてみましょう。

 

準備ができたら出会いの場を探そう

ここまでで、大体のセルフチェックは終わりになります。
この辺りのことが出来てようやくスタートラインなのです。
ゲームなどではない為、攻略本などはあってないようなもの。

どこまでできるかは自身の立ち振る舞いで、いかようにも変わります。
しかし、基本的な考え方はどこでも共通しているのです。

ケースバイケース、でも基本的には人付き合いの良い自分。
を念頭に目標へと近づいていってみましょう。

<出会いに困ることはない!出会い溢れる令和の時代>

昭和から平成、令和にかけて「出会いの場」は多様に増えていることをご存じですか?
一昔前ならとても考えられなかった出会いスポットが非常にたくさんあります。

出会えない、出会いがないと嘆く男性もまだまだチャレンジできることがたくさんあるのです。

職場での出会い

出会いの場としては、実は昔からのスタンダードプレイス。
季節ごとのイベントや新入社員との出会いなど、嬉しい機会に恵まれやすい場でもあります。

もちろん、どんな職場なのかといった状況もありますので必ずしも嬉しい状況になりやすいというわけではありません。
それでも一般的にはとてもチャンスが多い出会いの場でもあります。

焦らず、でも待ちすぎず、自分のペースを持ちながら攻めてみることが大事です。

婚活パーティーへの参加

ここ数年で一気に需要が上がった婚活パーティーもとても有用な出会いの場。
従来であれば、「結婚相手を探すためのパーティー」であったものが、現在では「ライトな出会いを楽しむパーティー」に主旨が変わってきています。

自分意外の誰かも含めて「誰かに出会うために参加している」ので、とても話しやすいパーティーとなっていることが魅力的。

歓談タイムなどが必ず挟まるので、その隙間に気になる人に話しかけにいったり一緒に食事したりできるかが実はポイント。

“第一印象”だけでない別のアプローチも必要になることだけは覚えておきましょう。

マッチングアプリの利用

こちらも最近とてもニーズが伸びている、出会いのアイテムですね。
自身のプロフィールも相手のプロフィールも一目でわかる環境の中で、おすすめな人を探しやすいというアイテムでもあります。

ポイントは第一印象です。

かなりの重要度を持ちます。

見た目・財力・性格・趣味といったポイントがかなり幅をきかせますし、女性とのやりとりに進展した後で言葉(文面)を間違えればあっという間に「なかったこと」にされてしまうでしょう。

どれだけのレベルの「出会い」を求めるかでもだいぶ変わりますが、やる場合には根気強くトライアンドエラーを繰り返していきましょう。

合コンや相席居酒屋

飲み会を異性と行う場所です。
主に楽しく話して楽しく飲む場であるという概念を持ってどう動けるかがポイント。
あらかじめ「異性と恋人になるならないは度外視」という考えを持つ人も中にはいます。

そういった人と一緒の場合には、出会いを求める人間としては”どう出し抜くか”などという攻めの思考は必須となります。

ただし、例外もあることも忘れてはいけません。
もしも知人と一緒に参加することになる場であるのであれば、下記を注意しましょう。

前述でも触れていますが、知人が人を平気でけなし貶めるタイプかどうかが、実はここで一発でわかります。
もしもそういった知人が一緒の席にいる場合には、その場は諦めて帰った方が楽です。

もちろん、好みの人がいるのであれば話は別ですが、それでもその場で満足のいく結果を出すことは難しいでしょう。
恐らく、電話番号を聞いたりラインIDを交換することすらも困難と考えられます。

そういった仲間は最早仲間ではないと、切り捨てる勇気を持つことが大事なのです。
正直、全く関わりのない別の合コンなどに参加するほうが、よほど得策です。
ちなみに、貶める言葉を聞いて”うのみ”にするような女性も避けたほうがよいでしょう。

極論を言えば、何を考えてるかわかったものじゃないからです。
人のいう悪いことを、本人を目の前にしてうのみにしてしまう、「足りない子」は避けて然るべきと認識してください。

 

男女関係なく、見極めが本当に大事になります。

合コン、相席居酒屋などは特に注意する必要があると考えましょう。

 

知人の紹介

これは実はとても確実な出会い方でもあります。
もちろん、うまくいかない場合などもありますが、そこは素直に、知人に謝罪しておけば大丈夫でしょう。

もちろん、失礼なことを自分からすることがない様に注意は必要ですが、仲の良い知人からの紹介であれば人となりもお互いに信用しやすいものです。

あとでうまくいかなかったらどうしようなどと考えず、出会いそのものを楽しみましょう。

各種オフ会への参加

個人的に動くのであれば、このオフ会が一番おすすめです。

私も彼女をこれで作りました。(今ではかみさんです。)

カラオケやバーベキュー、パーティーなどを「共通の趣味を持つ人」達だけで行うおまつりでもあるのでとても楽しいものなのです。

男女でお互いに話題には事欠きませんし、新たに何かを始めるとしてもその相談もしやすいとてもフレンドリーな場でもあります。

 

何度か参加しているうちに、相性の良い人をみつけられますので楽しみながら何度も参加できるようにしておきましょう。

後々相談できるような知人も一緒に作ってしまえれば尚ベターです。

 

<出会いが見込めない男性の特徴>

ここまで書けば大体「見込みがないと思わしき男性」というのもイメージできると思います。
しかし、確認の意味を含めて、マイナスイメージの基本をおさらいしておきましょう。

いつも受け身、主体性がない

なんでも引っ張っていくような主体性ばかりが良いとは言いませんが、「なんでもいい」「だれでもいい」という意見ばかりであったりするのはあまり望ましくありません。

ましてや、「○○が言ったからやった」「○○がそうだというから、正しいと思った」など”人のせい”にしてしまうような発言をする人間は男女問わず嫌われます。

発言と行動には注意と責任が伴う、でも逃げすぎは嫌われると認識しましょう。

そもそもの理想が高すぎる

女神か妖精と思える美貌をもった女性でなければ、付き合いたくはない。
などといったような理想を持っているとしたら、人生を諦めたほうがはやいかもしれません。

出会えることはないでしょう。

仮に出会えたとしても、貴方を選ぶことは確率的にも少ないと言えます。
なぜなら、そのような魅力を持っているなら、そもそもこの記事を読んでいないからです。

レベルを下げろとまでは言いませんが、異性に求めるものが貴方にかみ合っているのかどうかを見直すようにしてください。

ロマンチストでありすぎ

女性は意外とリアリストです。
頭の中がお花畑の状態でアタックしても、ズバッと散らされるでしょう。
そもそも男のロマンと女性のロマンはかなり異なります。

ロマンを求めることは、個人的な趣味に留めておくことをおすすめします。
間違っても、某アニメなどの名台詞などを引用しようとなどは考えてはいけません。
※それが好きな女性であっても、多分”ドン引き”します。

また、少女漫画でもよくあるような”壁ドン”なども同様ですね。
彼女に「やってみて」と言われるならいざ知らず、そうでないならただのアホです。

男女問わず、現実における綺麗さも汚さもあっての人間です。

ロマンではなく現実的に、どう自分の人間性をよくみせることができるかが出会いの前段階のお話であるということを忘れてはいけません。

仕事を言い訳にしてしまっている

仕事が忙しすぎて、とても出会いを求めることなんてできない。
とおっしゃる方については、望みは皆無といってよいでしょう。
黙っていて出会えるなら皆黙っています。

でも黙っていると出会えないから、頑張るんです。
仕事を頑張って、”時間を作って”出会いを探しにいっているのです。

万が一、何をどう頑張っても時間を作ることなんてできないんだ!というような仕事であるのであれば、転職した方が話は早いでしょう。
仮に転職せずに出会えても、親交を深めることはほぼ不可能。

光の速さで別れを告げられてしまいます。

前述の「主体性」の話に通じるものがありますが、
「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」の話であると認識してください。

身なりが不潔である

これは最早論外です。
身なりが不潔な人が現代社会において相手を見つけられることはないでしょう。
引きこもり続け、お風呂に入っていないような人は体臭がひどいことになります。

「獣のような臭い」とよくからかわれたりする人がいますが、大体がその典型です。
洗っていない服を着続けても同様のことが起こります。

これは例えでもなんでもなく、実は起こりやすい事例なのです。
ただただ臭いので近寄った瞬間に逃げられます。
逃げられなくとも、裏で何を言われているかわかったものではない状態とも言えます。

 

風呂に入って体を洗い綺麗な服を着てから行動しましょう。
ということですね。

当たり前なのですが、意外と出来ていない不潔な人が多いのです。

 

知人友人がいない

知人友人がいない人、それすなわち「知人友人を作ることが望めない性格の人」と受け止められます。

出会いとは人と人が分かり合って生まれるものなのですから、知人友人がいないとはっきり言えてしまう人は”難あり”と捉えられても仕方がありません。

仮に道で好みの女性とすれ違ったとします。
それで終わりです。
すれ違った後にどうにかできるなら、知人友人はいくらでもいることでしょう。

万が一現在が友達ゼロであるのであれば、出会いよりもまず友達作りを頑張ってみることをおすすめします。

自分に自信がない

自分に自信を持つと一言でいっても実は多様な形がありますが、
ここでは、自分の意思に自信を持つことと捉えます。

自信がない人は、「○○は△△だよ」の一言がまず言えません。

この一言が言えない人と「仲良くなりたい」と思える女性がどれだけいるのでしょうか?
それこそ主体性の話にもつながりますが、頼りなくて切り捨て対象の第一位になってしまいます。

女性の好みの問題ももちろんあります。
しかし、一般的に自分に自信のない人は「見ていてイライラする人」の例としてかなり高い割合であげられます。

ちょっとしたことでも、そこには”男性としての決断力”が求められていることも忘れてはいけません。

これができることは、男女問わず”人としての魅力”につながっていきます。

女性を下に見る傾向がある

女性を下に見る傾向がある人は出会いを望めない。
これは最早一般常識でもあります。
でもわかっているハズなのに、意識せずに下に見る発言をしてしまう人もいます。

下に見てしまう言動は、本当に注意が必要です。

よくあるのが、堂々と「僕は女性差別は良くないと思う」と口に出してしまう人。
“都合よく”「差別しない人」と捉えられることもあります。

また、軽い感じに差別批判をする人もいます。
これもよくはありません。
胡散臭いことこの上ないからです。

差別をしない人たちはそもそも、あまり口には出しません。
態度にも現れないのです。

“人を尊重する行動”ができる人であれば、こんなことにはまず振り回されません。
できないからこそ、言葉に出て行動に現れます。

もし自らを見直すのであれば、男女問わず「人として尊重されているかどうか」を見直してみてください。
出来ていない人のことを尊重することはほぼないでしょう。

人は鏡です。

自分の見直しは”人”を通すようにしてみましょう。

<まとめ>

 

<まずは「誰」(目標)に出会いたいのかを見つめなおそう>
⇒自分が全力を持ってぶつかりたい相手を目標に立てよう。

<敵(目標)の前に己を知ろう>
目標を立てたら、そこに立ち向かう自身を見直してから戦略を練ろう

<出会いに困ることはない!出会い溢れる令和の時代>
方法は一つだけじゃない!自分にあったやり方で攻め込もう

<出会いが見込めない男性の特徴>
出会う”人”を大事にできるかが大きなポイント!やられて嫌なことはやっちゃダメ。

 

出会いは人と人のやり取りから生まれるもの。
戦略も人の意思を尊重した上でのやりとりがほぼ大前提のものばかりです。

いざともなれば、マイナスと取られているようなやり方を敢えて踏むことができる決断力も必要となることもあります。

筆者

”人を大事にすること”を忘れては出会いもなにも望めないものである、ということは頭の片隅に置いておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です